新型コロナウィルス感染症 営業時間短縮の協力要請に伴う岐阜県の協力金について

おはようございます。

新型コロナウィルス感染症による非常事態宣言が発出されました。

そのため、岐阜県の「酒類の提供を行う飲食店に対する協力金」については、

第2弾(令和2年12月18日~令和3年1月11日 県内一部市町村では令和2年12月25日~令和3年1月11日)と、

第3弾(令和3年1月12日~令和3年2月7日)の2回に分かれています。


第2弾

対象 下記のすべてに該当すること

・酒類の提供を行う飲食店(提供していればカラオケ店やライブハウスなどを含む)

 食品衛生法に基づく「飲食店営業許可」を受けている

 テイクアウトやデリバリーのみ、イートインスペースのあるコンビニ、キッチンカーは対

 象ではありません

・県内に所在する店舗を運営する事業者である

県の営業時間短縮要請期間の開始日※以前に開業しており、営業実態が明らかに確認でき

 る事業者である

 ※①12/18(金):岐阜市、大垣市、各務原市、羽島市、笠松町、岐南町など32市町村

  ②12/25(金):高山市、美濃市、郡上市、下呂市など10市町村

・県の営業時間短縮要請期間において、営業時間の短縮要請に全面的に協力した事業者

 ある

  ①令和2年12月18日(金)21時~令和3年1月11日(月)24時

  ②令和2年12月25日(金)21時~令和3年1月11日(月)24時

 ※「全面的に協力」とは、期間すべてにおいて営業時間の短縮をしていたことです

  期間中、休業していた場合も含まれます。

・接待を伴う飲食店、カラオケ店、ライブハウスなどについては、感染防止対策マニュアル

 を作成・提出し、その確認を受けていること

・反社会的勢力に属する者でないこと


支給額

 ①100万円(令和2年12月18日より営業時間短縮に協力がもとめられた市町村)

  岐阜市、大垣市、各務原市、羽島市、笠松町、岐南町など32市町村

 ②72万円(令和2年12月25日より営業時間短縮に協力が求められた市町村)

  高山市、美濃市、郡上市、下呂市など10市町村


申請手続

①受付期間

 令和3年1月26日(金)の消印有効

②申請方法

 郵送のみ(簡易書留など追跡できる方法)

③申請に必要な書類

 ・協力金(第2弾)支給申請書(様式1)

 ・営業時間短縮等を実施した店舗(様式2)

 ・申請する店舗ごとの直近1週間程度の外景・内景の写真及び店頭にて時間短縮等のお知

  らせを告知した写真(様式3 1枚目)

 ・営業時間短縮、休業等の状況がわかる書類(様式3 2枚目)

 ・誓約書(様式4)

 ・営業活動を行っていることがわかる書類(⑴⑵ともに必要)

  ⑴直近の確定申告書の写し

  ⑵直近の経理帳簿(現金出納簿など)の写し

 ・酒類を提供していることがわかる書類(⑴⑵ともに必要)

  ⑴申請時点で使用しているメニューなどの写し

  ⑵直近の仕入伝票などの写し

 ・営業に必要な許可等をすべて取得していることがわかる書類

  飲食店営業許可書などの写し

 ・本人確認書類(個人事業主の場合)

  運転免許証、健康保険証、パスポートの写しなど(1点)

 ・感染防止対策マニュアル

 ・振込先口座のわかる通帳などの写し(様式1に貼付)

※すべてA4サイズで統一

※写しを申請者控えとして保管


新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく営業時間短縮の協力要請に伴う「岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第2弾)」について - 岐阜県公式ホームページ(商工政策課) (gifu.lg.jp)



第3弾

対象

第2弾と同じ

令和3年1月12日(火)~令和3年2月7日(日)において、営業時間の短縮要請※に全面的に協力すること

営業時間の短縮要請とは、

午後7時から翌日の午前11時までの間酒類の提供を停止し、かつ、午後8時から翌日の午前5時までの休業

を言います。


申請の受付期間、必要書類等は調整中となっています。


第2弾の申請締め切りまで2週間を切っています。

申請がお済でない事業者様はお早めに。


よしむら行政書士事務所では、書類作成、準備のお手伝いをいたします。

お気軽にご相談ください。


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示