「経営革新計画」から各種補助金申請へ

今年の2月からお手伝いさせていただいておりましたA社様の「経営革新計画」。


「無事に承認されました」とのご連絡をいただきました!


社長様、専務様、度重なる打ち合わせ、ありがとうございました。


特に専務様とは直接の打ち合わせの他にもメールでのやり取りを数えきれないほどお付き合いいただきました。


あらためてお礼申し上げます。


これからの5年間の経営指針ともなる「経営革新計画」。


お話を伺うと「本当にやりたいことや会社の目指すべき姿がハッキリした」とのお言葉をいただきました。


「経営革新計画」を策定することはゴールではありません。


「経営革新計画」で目指すべき道を定めたのですから、スタートなのです。


A社様には、「経営革新計画」をもとに「補助金」のご案内ができるようになります。


「補助金」申請に欠かせない「事業計画書」をゼロから作らなくてもいいのです。


既に「経営革新計画」が存在し、県の承認まで受けています。

しかも、「経営革新計画」はよしむら行政書士事務所も共有させていただいています。

「補助金」申請に関する書類を作成する際のアドバンテージでもあります。


他にも「経営革新計画」の承認をうけると様々なメリットがあります。


詳しくはこちら

よしむら行政書士事務所|岐阜|補助金|申請|経営革新計画| (yoshimura-office.biz)



以下にあてはまる経営者の方、「経営革新計画」策定を考えてみてはいかがでしょうか?

✔「経営革新計画」を作ったことがない

✔自社の目指すべき姿をハッキリさせたい

✔本当に必要な「補助金」の案内を受けたい

✔融資を受けやすくしたい

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

岐阜県独自の「アフターコロナ・チャレンジ事業者応援補助金」の受付が開始されました

新型コロナウイルス感染症の影響が続き、出口も見えない状態です。 そのため、多くの事業者の方が厳しい経営環境に直面し、この状況に対応したり、新しいビジネスモデルのへの挑戦、転換が求められています。 そのような事業者の方を支援する「補助金」が始まっています。 国が行っている「事業再構築補助金」などです。 国だけでなく、岐阜県も支援に動き出しています。 今日はそのご紹介です。 「アフターコロナ・チャレン