「ものづくり補助金」4次締め切りが延長されました


http://portal.monodukuri-hojo.jp/index.html


「ものづくり補助金」4次締切の締め切り日が12月18日(金)に延長されました。

本来は、11/26(木)でした。



理由として、「特別枠」の本公募期間中での終了となるため、今年度中に応募を予定していた事業者が不利益を受けないため、となっています。


延長を手放しでは喜べないようです…。


ちなみに

「特別枠」とは、新型コロナウィルス感染症の影響を乗り越えるために前向きな投資を行う事業者向けに「一般型」の中に設けられたものです。


特別枠の要件

A類型:サプライチェーンの毀損への対応

 ex.取引先の営業停止に対応するための新規顧客の開拓

B類型:非対面型ビジネスモデルへの転換

 ex.キャッシュレス端末の導入、店舗販売からEC販売へのシフト、オンラインによる提供

C類型:テレワーク環境の整備

 ex.従業員がテレワークを実践できる環境整備


補助対象経費の6分の1以上が上のどれかに該当する投資であること

B、C類型への投資が6分の1以上であれば、補助率が4分の3に引き上げられる


「ものづくり補助金」の申請はとても時間と手間がかかります。


申請をお考えの方はお急ぎください。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

岐阜県独自の「アフターコロナ・チャレンジ事業者応援補助金」の受付が開始されました

新型コロナウイルス感染症の影響が続き、出口も見えない状態です。 そのため、多くの事業者の方が厳しい経営環境に直面し、この状況に対応したり、新しいビジネスモデルのへの挑戦、転換が求められています。 そのような事業者の方を支援する「補助金」が始まっています。 国が行っている「事業再構築補助金」などです。 国だけでなく、岐阜県も支援に動き出しています。 今日はそのご紹介です。 「アフターコロナ・チャレン

「経営革新計画」から各種補助金申請へ

今年の2月からお手伝いさせていただいておりましたA社様の「経営革新計画」。 「無事に承認されました」とのご連絡をいただきました! 社長様、専務様、度重なる打ち合わせ、ありがとうございました。 特に専務様とは直接の打ち合わせの他にもメールでのやり取りを数えきれないほどお付き合いいただきました。 あらためてお礼申し上げます。 これからの5年間の経営指針ともなる「経営革新計画」。 お話を伺うと「本当にや