​死後事務委任契約とは

死後事務委任契約とは

死後事務委任契約は亡くなった後に必要な様々な手続きや後片付けを行ってもらうものです。

※遺言執行人とは異なります

遺言執行者は、遺言に従って相続財産の管理その他遺言の執行を行います。

よしむら行政書士事務所では、トータルサポートプランの中のひとつとして提供いたします。

契約自体は任意後見契約とともに作成しますので、公正証書となります。

よくある死後事務委任契約の内容と報酬

よしむら行政書士事務所では、ご本人様が希望される内容に沿って契約書を作成いたします。

一括で契約する場合よりもムダがありません。

報酬とは別に、費用が必要になる場合があります。

(葬祭費用 入院費の清算 公共サービスの清算など 下の一覧をご参照ください)

お客様のご希望を伺いながら契約内容を決めていきます。

その内容に必要な費用とよしむら行政書士事務所の報酬をお示しいたします。

​執行費用のお預かりについて

執行費用とは、死後の各種事務に必要な費用(葬儀費用など)と、当事務所の報酬を合計した金額をいいます。

執行費用=必要な費用+当事務所の報酬 (おおよそ200万円~250万円程度)

​※契約内容(ご希望内容)により金額は異なります。

 

契約いただいた(ご希望された)内容を確実に実行するためには、契約成立時に執行費用の満額の支払いが確実になされることが必要となります。

執行費用の保管方法

①お客様名義の執行費用管理用口座

使用していない口座や執行費用管理専用の口座を準備いただき、入金していただきます。

お客様がお亡くなりになられた場合に、当事務所が口座の預金を受領し、執行いたします。

※事務執行後に残金がある場合、遺言に従って処理いたします。

遺言がないとどうなるのか
​ホーム
トータルサポートプラン